仕事を続けながら転職活動をしたい方へ!求人情報を探しから履歴書の書き方、面接対策など転職活動で失敗しないためのノウハウをまとめました。「今の仕事が辛い、将来が不安、サービス残業が多い、今よりも給料が高いところで働きたい」そう思ったら転職活動を始めましょう。

転職で後悔しないための準備・転職の進め方・転職サイトの活用方法を教えます。

初めて転職する人のために知っておいてほしいポイントをまとめました。

「新卒で就職したけど思っていた仕事内容と違う」「同じ新卒なのに、あっちの方が給料がいい」「結婚や育児で今の仕事を続けるのが難しくなった」などの状況に陥り、初めての転職を考え初めている人もいるかもしれません。

初めて転職する時に知っておきたいポイントをいくつか紹介します。

転職のメリット

転職することによってどんなメリットがあるかですね。

これは人によって今現在の職場環境や待遇、仕事内容といったものでどこに不満があるかによって変わってくると思います。

もちろん全部をいきなり改善するのは難しいかもしれませんが、私自身何回か転職をした経験から言わせてもらうと、今いる会社の不満点を内部から変えて改善するよりかはもっと好条件な企業に転職した方がはるかに楽ということです。

とくに労働時間が長い仕事なんかだと転職活動する時間も取れずあきらめてしまう方もいると思います。でもそれなら退職してから転職活動をすればいいんです。

私も合わない職場を辞めてから転職活動をしたことがありますが、よっぽど空白期間が開いているとかじゃなければ全然大丈夫です。

ただでさえ今は企業が人手不足をうたっているのでしっかりとしたビジョンがあればそんなに苦労はしないと思います。

転職活動をしていく中で気づくことや、偶然いい企業に巡り合えることも多いので迷っている方は一歩踏み出してみることをお勧めします。

転職活動のやり方

転職方法は大きく分けて「4つ」あります。

求人情報誌や求人サイト、就職支援などを行うハローワークで求人を探して行う方法、カウンセリングやサポートを受けながら転職を目指す「転職エージェント」、転職サポートがないが、自分のペースで転職を目指すことができる「転職サイト」、受動的に転職先を探していく「スカウトサービス」があります。

+ 意外とおすすめハローワーク

ハローワークというとブラックな求人ばかりというイメージもあるかと思いますが、しっかりと見極めれば好条件な企業もしっかりとあります。

実際私もハローワーク経由で転職したこともありますがその企業は休日もしっかりあり、ボーナスあり、残業代支給とブラックな要素はない職場でした。

あとはいろいろな転職に関するサポートをしてもらえるのもいいところです。

例えば専属の職員のかたが相談に乗ってくれて求人の紹介や履歴書の添削などをしてくれたり、面接の対策で模擬面接をしてくれるサービスもあります。

コンピューターで求人を検索するだけでももちろんいいのですが、せっかく無料で使えるサービスがたくさんあるので有効に使ってみるのも手だと思います。

紹介した4つは、どれも転職者にはお金がかからないようになっているのが、利用者にとっては大きなメリットです。

自分の環境に合った転職方法を見つけると良いでしょう。

転職について不安に感じている方も多いかと思いますが、自分の未来を少しでも良くしたいならぜひ転職活動をしてみるのをおすすめします。面倒くさいと思われる方も多いでしょうが転職活動もやってみると意外と面白い面もたくさんあります。

転職する時の注意点

転職する時によくしてしまいがちなことがあります。それは「イメージで企業を選ぶ」ということです。このことが頭にあると、いい転職先を探すのによくありません。

転職活動で気をつけておきたいことは「有名企業だから」や「仕事内容が合ってそうだから」など漠然とした理由で転職先を選ばないことです。転職する企業のことを調べないで入社してしまうと「思っていた会社と違う」と後悔してしまい、また転職活動をしなければなくなってしまいます。

そうならないように、イメージだけで転職先を選ぶのではなく、ちゃんと企業研究をし、「給料」や「勤務時間」「企業規約」などを調べて、自分の転職条件に合った企業を選ぶようにしましょう。

在職中に転職するための心構え

仕事をしながら転職活動をするという人もいていますが、注意しなければいけないことがあります。転職するための心構えとして覚えておいてほしいのですが、転職希望先から内定が貰えたら、「いつどのように現在の職場に伝えるか」ということを考えておくと良いでしょう。

転職活動している時は自分のことで精一杯かもしれませんが、転職を成功させるためには、周囲にしこりを残さないということも大切です。

新しい会社に入社するまでの間に、仕事の引き継ぎなどの期間を逆算して、職場の上司と話し合って決めておくことが大事です。

転職をすることは何もネガティブなことではありません。

よく、「転職をするなら3年経ってから」、みたいなことを言いますよね。あの3年というのは、何かしらの根拠があるのでしょうか。なぜ3年なのでしょうか。1年や2年じゃダメなのでしょうか。

そもそも、自分に合っていない仕事を続けるメリットってあるのでしょうか。

自分に合っていない仕事を続けても得られるメリットは少ない

転職をしたいと考えるようになったということは、今の仕事に何かしらの不満(不安)があるからであり、果たしてそのような状況で続けていって何かメリットは得られるのでしょうか。

確かに、若い人の中には「上司に怒られたから」とか、「給料が安いから」とか、「怠いから」とか、非常に安易な考えでもって転職を志す人がいるのは存じ上げております。

そういった人たちには、声を大にして、「3年経つまでがんばってみよう!」と言いたいですね。そうではなくて、もっと他の、確固たる理由がある人は、なにも3年も待つ必要性はありません。

転職を考えるようになったということは、前述の確固たる理由に加えて、その後の自分の人生設計もできているはずです。思い切って転職活動に踏み切るべきです。

年齢ごとに適した転職活動を

年齢ごとに転職してよかったと思える方法を紹介します。

転職を考えている理由や求めている条件などは、年齢によって違ってきますし、企業側も20代、30代、40代と年齢ごとに求めめているスキルや経験も違ってきます。そのため、男性と女性それぞれの年齢に適した転職活動、おすすめの求人サイトや転職サイトを紹介しています。

求人情報誌や無料の求人サイトだけでなく、非公開求人を扱う転職サイトや、サポートが手厚い人材紹介サービスなども利用しましょう。

年代別に転職市場や求められる人材、ベストな転職サイトをチェック

転職を繰り返す中で本当に自分に合った仕事に巡り合える

不景気のご時世、なかなか転職に踏み切るのは勇気のいることですが、転職を繰り返す中で本当に自分に合った仕事に巡り合える確率はどんどん高まっていきます。また、様々な仕事を通じて、多種多様なスキルや経験も身につくため、転職をするメリット、または意義は多分にあるといえるでしょう。

そもそも、大学(高校)を卒業してから、退職するまで、一度も転職をしなかった人というのは、むしろ少数派です。

皆さん、いろんな理由から、転職に踏み切るのであり、そういった経験から、またひとつ(人間的に)大きくなれるのです。

いずれにしましても、ポジティブな理由から転職を志す人は、思い切って実行に移すべきです。それによって多少のリスクは発生するでしょうが、先のことを考えれば、得られるメリット(知識やスキルの習得)の方が多いはずです。ぜひ挑戦してみてください。最後になりますが、世間一般では、転職というと、どちらかというとネガティブなイメージが先行しがちですが、今後はもっとポジティブなイメージが確立していけば幸いです。

転職に関する疑問ココで解決!転職の基本情報について

転職ってどのタイミングで始めたらいいのか?具体的になにから進めたら良いのか?やってはいけないことはなにか?など気になることをまとめました。

転職の基本情報についてチェック

 

更新日:

転職found TOP

Copyright© 【転職found】高収入・好条件・自分にピッタリの仕事の見つけ方 , 2019 All Rights Reserved.