IT業界へ転職

どの「資格」を取ればいい?IT業界に未経験で転職する際に役に立つ資格

投稿日:

IT業界は専門的な知識やスキルも扱いますので、それらを身に付けられる「資格」は時に転職面接時の武器になることあります。さてIT業界の資格にはどのようなものがあるか。

未経験でIT業界に転職する方に、役に立つ資格を紹介していきます。

システム系分野の未経験転職で役に立つ資格

「システムエンジニア(SE)」や「プログラマー」など、いわゆる“システム系”の職種に未経験で転職する場合、次のような資格が役に立ちます。

①基本情報技術者試験 難易度★★★★☆

「基本情報技術者試験」は、情報処理推進機構IPAが主催する、IT分野の“国家資格”。コンピューターやITに関する基礎的な知識を広く学ぶことができます。

基本情報技術者試験で学べるもの

  • コンピューター構成要素やアルゴリズムなどコンピューターの知識
  • ネットワーク、データベース、セキュリティなどITシステムの知識
  • システムのビジネス的な戦略や法務の知識
  • プログラムの基礎やプログラミングの知識

など

基本情報技術者試験はIT業界の登竜門的な資格。駆け出しのシステムエンジニアやプログラマーには「基本情報は持っていますか?」と聞かれることもあります。入社後に取得を率先する会社も多いですので、事前に合格しておくと面接でも好感されるでしょう。資格を通して、ITシステムに関する知識を広範囲に学べますので、実際の仕事で役立ちます。

②ソフトウェア開発技術者試験 難易度★★★★★

「ソフトウェア開発技術者試験」は、情報処理推進機構IPAが主催する、IT分野の“国家資格”。ソフトウェアを開発する上でのやや専門的な知識が学べます。

ソフトウェア開発技術者試験で学べるもの:

  • ソフトウェア開発でのITやプログラミングの専門知識
  • ソフトウェア開発の進め方や工程管理の知識
  • ソフトウェアを実装するサーバーやネットワークの知識

など

基本情報技術者試験よりさらに一歩進んだ上位の国家資格です。難易度的にはIT業界3~4年目を想定しており、未経験の方ですと少々ハードルは高め。その分未経験で所持していると意欲や知識のアピールとして、大いに評価されることがあります。

③各種プログラミング資格 難易度★★★★☆

プログラミング言語別に資格が多数用意されています。メジャーなプログラミング資格については次の通り。

メジャーなプログラミング資格:

  • C言語プログラミング能力認定試験
  • Java SE 8 認定資格
  • Ruby技術者認定試験
  • PHP技術者認定試験

これらの資格は、各プログラミング言語の基礎や扱う上での知識が身に付きます。いずれか一つの資格でも持っていれば、プログラミングの基礎を理解していることの証となります。

どの言語が良いかは難しいところですが、昨今はC言語よりJavaやRubyの需要が高まっている傾向も。プログラマーを目指す方は、自分の伸ばしたい言語を決めておきその資格を取っておくと、入社後も早く活躍しやすいかと。

【システムエンジニアならどの資格?】

システムエンジニアはITシステム全体を見通し設計していきます。システムエンジニアを目指す方であれば、まずはプログラミング系の資格より先に基本情報技術者試験を取得するのがおすすめです。

【プログラマーならどの資格?】

プログラマーはプログラミング作業に必ずといっていい程携わりますので、まずはプログラミング系の資格を取得するのがおすすめです。

WEB系分野の未経験転職で役に立つ資格

「WEBデザイナー」や「WEBクリエイター」など、いわゆる“WEB系”の職種に未経験で転職する場合、次のような資格が役に立ちます。

①ウェブデザイン技能検定 難易度★★★☆☆(3級の場合)

「ウェブデザイン技能検定」は、インターネットスキル認定普及協会が主催する、WEB分野の“国家資格”。WEBサイトやウェブデザインに関する基礎を広く学ぶことができます。試験は3級から1級まであり。

ウェブデザイン技能検定で学べるもの:

  • ・インターネットやWWW(ワールドワイドウェブ)の基礎
  • ・HTMLやCSSなどウェブデザインの基礎
  • ・WEBサイトの設計や運用の基礎

など

ウェブデザイン技能検定は、WEB系分野では唯一の国家資格。WEBサイトとはどういったものなのか、WEBデザインはどういったものなのかの全体像を掴めますので、また国家資格でもありますので、WEB系の会社に転職する場合は評価されやすいです。

②Webクリエイター能力認定試験 難易度★★★☆☆(スタンダートの場合)

「Webクリエイター能力認定試験」は、サーティファイWeb利用技術認定委員会が主催する、WEB分野の“民間資格”。WEBサイトをつくるための基礎的な知識を学ぶことができます。試験はスタンダード/エキスパートの2種類あり。

Webクリエイター能力認定試験で学べるもの:

  • ・ブラウザ、ドメイン、バナーといったWEBサイトの基礎
  • ・見出し、ヘッダー/フッダー、HTMLタグの配置・配色など、レイアウトの基礎
  • ・HTMLやCSSなどWEB言語の基礎

など

Webクリエイター能力認定試験では、ヘッダー/フッダー、HTMLタグの利用方法など、WEBサイトを実際につくる上での“実務的”なスキルが身に付きます(スタンダートは実技試験のみ)。入社後の実務でも活用しやすいので、所持しておくと働く上でスムーズかと。

③HTML5プロフェッショナル認定資格 難易度★★★★☆(レベル1の場合)

「HTML5プロフェッショナル認定資格」は、特定非営利活動法人エルピーアイジャパンが主催する、WEB分野の“民間資格”。HTML5などのWEB言語を専門的に学べる資格です。
試験はレベル1/レベル2の2種類あり。

HTML5プロフェッショナル認定資格で学べるもの:

  • HTML(HTML5)の専門知識や応用
  • CSS(CSS3)の専門知識や応用
  • JavaScriptの専門知識や応用

HTML5プロフェッショナル認定資格では、WEB系のプログラミング言語であるHTML・CSS・JavaScript等をさらに深堀して学ぶことができます。未経験の方ですとややハードルは高めですが、その分所持していると武器になりやすいです。

④色彩検定 難易度★★☆☆☆(3級の場合)

「色彩検定」は、公益社団法人色彩検定協会が主催する、デザイン関連の“公的資格”です。
色の与える効果や色の使い方など、色彩に関する知識を学ぶことができます。試験は3級から1級まであり。

色彩検定で学べるもの:

  • 光と色の関係、色の三原色など、色に関する知識
  • 色彩心理や色彩調和など、色が与える効果に関する知識
  • 色の効果的な使い方や配色方法に関する知識

など

色彩検定は、WEB業界向けの資格ではなくデザイン業種全般に向けた資格です。とはいえWEBサイトをデザインする上でも色の使い方は重要になってきますので、WEBデザイナー職などでは所持していると、仕事に活かせます。

⑤ウェブ解析士 難易度★★☆☆☆(通常の場合)

「ウェブ解析士」は、一般社団法人ウェブ解析士協会が主催する、WEB関連の“民間資格”です。アクセス解析やWEBマーケティングの知識を学ぶことができます。試験はウェブ解析士/上級ウェブ解析士の2種類があり。

ウェブ解析士で学べるもの:

  • アクセス解析やWEBマーケティング関連の用語知識
  • アクセス解析による、解析方法や分析方法
  • アクセス解析を使った、アクセス改善方法

など

ウェブ解析士はWEBマーケティング寄りの資格です。WEBサイトのアクセスをどのように増やすかのマーケティング運用面の智識が備わります。このためWEBクリエイターやWEBディレクターを目指す方には将来活きやすい資格です。

【WEBデザイナーならどの資格?】

WEBデザイナーは、WEBサイトのデザインを主に担当します。WEBデザイナーを目指す方であれば、国家資格である「ウェブデザイン技能検定」、またHTMLに精通できる「HTML5プロフェッショナル認定資格」もおすすめです。その他「色彩検定」のようなデザイン系の資格も実務に役立ちます。

【WEBクリエイターならどの資格?】

WEBクリエイターは、WEBサイト作りの“全般”を担当します。WEBクリエイターもWEBサイトデザインにも関わりますので、唯一の国家資格である「ウェブデザイン技能検定」はおすすめ。その他、ウェブ解析士のようなWEBマーケティング関連の資格もWEBクリエイターであればおすすめです。

IT業界全般で役に立つ資格

次のような資格はシステム系分野、WEB系分野問わずIT業界全般で役に立ちます。

①ITパスポート試験 難易度★★★☆☆

「ITパスポート試験」は、情報処理推進機構IPAが提供するIT分野の“国家資格”。前述した「基本情報技術者試験」の簡略版。パソコンやITに関する知識が広く身に付きます。

ITパスポート試験で学べるもの

  • コンピューターやパソコンの基礎
  • ネットワーク、データベース、セキュリティなどITシステムの基礎
  • ITの活用法や開発方法の基礎

など

ITパスポート試験では、コンピューターやシステムの基礎の基礎部分を広く知ることができます。システム系/WEB系問わず、パソコンやITを活用する仕事では全般的に役に立つ資格。またIT社会になった現代では他業界でも役立ち、最近は事務職・営業職・学生等でもITパスポートを所持している方が増えてきています。

②マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)難易度★★☆☆☆

「マイクロソフトオフィススペシャリスト」は、株式会社 オデッセイ コミュニケーションズが主催する、IT分野の“民間資格”。Microsoft社のオフィスソフトの知識を学ぶことができます。

マイクロソフトオフィススペシャリストで学べること:
以下5種類のMicrosoftオフィスソフトの機能や実務的な操作方法を学べる

  • Microsoft Word(ワード)
  • Microsoft Excel(エクセル)
  • Microsoft PowerPoint(パワーポイント)
  • Microsoft Access(アクセス)
  • MicrosoftOutlook(アウトルック)

IT業界では、設計書の作成・企画書の作成・スケジュール表の作成など、ドキュメント作成作業も発生します。関数やマクロなど様々なオフィス機能を使いドキュメントを作成することとなりますので、この手のオフィスソフト資格を所持しているとスムーズに業務が行えるようになります。

資格を取る前に覚えておくこと

最後に、未経験の方が資格を取る上で覚えておきたいことをいくつか記載していきます。

①資格がれば必ず採用されるわけではない

これはIT業界に限った話ではありませんが、資格があったからといって必ず採用されるわけではありません。そもそもIT業界で働く上で法的に必要な資格というのはなく、弁護士や税理士といった士業のように、資格の有無が採用を大きく左右するわけではないのです。

②資格は意欲のアピールになる

とはいえ資格を取得していることはIT業界に対しての意欲のアピールとなります。たとえば他業界の人が「基本情報技術者試験」に合格するにはそれなりの努力が必要となります。面接官もそれはわかっていますので、頑張って資格を取得してきた未経験の方であれば、意欲のある人物として、あなたの評価は高まるでしょう。

③資格の勉強で仕事への理解が深まる

資格の勉強を通して、これから進む職種への理解も深まります。たとえばプログラミング関連の資格の勉強をすれば、プログラマーが普段どのような仕事をするのかがだいぶわかってきます。資格の勉強をすることで、その仕事が自分に合っているか・合っていないかも垣間見れますので、転職後の不一致を防ぐこともできるのです。

 

まとめ

以上、IT業界へ未経験で転職する場合に役立つ資格について書かせて頂きました。

IT業界は資格が必須な業界ではありませんが、未経験の方であればアピールにも繋がりますので、資格があるに越した事はありません。資格の勉強を通じて学ぶことも沢山あるため、時間に余裕がある方であればどれか一つでも挑戦してみてはいかがでしょうか。

〇参考URL
https://persol-tech-s.co.jp/hatalabo/it_engineer/367.html
https://www.creativevillage.ne.jp/20164

※その他、各資格の公式HPから試験内容などを確認

-IT業界へ転職

Copyright© 【転職found】高収入・好条件・自分にピッタリの仕事の見つけ方 , 2019 All Rights Reserved.