IT業界へ転職

未経験からプログラマーへ転職!仕事内容や年収・メリット・デメリット

投稿日:

未経験からプログラマーへ転職

未経験からプログラマーへ転職

IT業界ではお馴染みの人気職種「プログラマー」。手に職となるスキルを身に付けられるため、他業種からのキャリアチェンジを考えている方も多いのではないかと。

さてプログラマーに未経験から転職することは可能なのか。年収やメリット・デメリットを交え解説していきます。

プログラマーの仕事内容とは

「プログラマー」は、プログラミング言語を使いプログラムを作っていく仕事です。たとえばITシステムのサーバーに搭載するプログラム、一般ユーザーが使うパソコンのアプリケーション、最近であればスマホゲームやスマホアプリなど、プログラマーの作るプログラムは幅広いです。

プログラマーは具体的には主に次のような仕事を行います。

【プログラマーの主な仕事内容】

  • どのようなシステム・プログラムにするかの打ち合せ
  • プログラムの設計書や仕様書の作成
  • プログラムの作成作業(プログラミング)
  • プログラムのテストやデバック
  • プログラムの実装作業
  • その後のメンテナンスや保守

など

プログラマーの仕事は、キーボードをカタカタと打ってプログラムを作っているイメージがあるかと思いまが、それだけではありません。

時には設計書や仕様書等のドキュメント作成に追われることもあり、システムエンジニアと一緒にシステムの企画や考案をしたり、顧客との打ち合わせを行うことも。

年齢や役職が上がる毎に、その手のいわゆる「上流工程」と呼ばれる仕事をする機会も増えます。

とはいえどのような仕事に携わることになっても、根本にあるのはプログラミングです。プログラマーはプログラムを用いますので技術職寄りの職種であり、IT業界の中でも特に専門性が問われる職種の一つ。

プログラム、プログラミングって何?

「プログラム」とは、コンピューターへ「このように動いて欲しい」と指示する命令文です。

極端な例ではありますが、たとえば電卓。電卓は「1+1をした場合は2を表示して欲しい」、こういった命令文が沢山組み込まれており、命令文がないと電卓は動きません。そのプログラム=命令文を作る作業が「プログラミング」です。またプログラミング言語(C言語やjavaなど)を使わないとコンピューターへの命令が行えないため、プログラミングはプログラミング言語を使って行う形となります。

プログラマーは未経験でも転職可能なの?

さて、IT業界やプログラマー職をこれまで全く経験していない方でも、プログラマーに転職できるのか。

結論から言えば“可能”です。

プログラマーは専門性が問われる技術職のため、経験があるに越した事はありません。とはいえ昨今のプログラマー需要の拡大から、プログラマー不足に陥っている会社が無数にあり、未経験でも転職するチャンスは多く用意されています。

以降でプログラマーの転職事情について解説します。

【プログラマーの未経験の転職事情】

①人手不足の会社なら未経験でも入り込める

人手不足に陥っているIT企業ですと完全未経験の方も積極的に募集しているケースが多いです。特に人手不足が目立つのが「出向型プログラマー」。自分の会社内で働くのではなく、社外のプロジェクトに出向・常駐するタイプのプログラマーです。出向型プログラマーであれば、自社に席やスペースも用意しなくてもよいので、人海戦術ではありませんが働いてくれる社員が沢山いた方が会社側としても嬉しいわけです。

出向型とういうと、一人で社外に出向されるのではないかと心配される方もいるかと思いますが、入社間もない社員は上司や先輩と一緒に出向するのが一般的です(よほどのブラック企業でない限り)。このような出向型プログラマーを足掛かりにITの世界に入り込むというのも一つのルートです。

②テストやデバック要員も未経験で採用されやすい

プログラムのテストやデバック(バグや欠陥がないかを確認する作業)は、すでに用意されたテスト項目書に従い作業していきますので、そこまで経験や専門性は問われません。テストやデバック要員であれば「未経験大歓迎」としている会社もあります。

テストやデバック作業であってもプログラマーとしてのスキルやキャリアが少しずつ身に付いていきます。こういった募集を足掛かりにステップアップしていくのも一つのルートです。

③「適正」があれば未経験でも採用されやすい

プログラマーの仕事は「適正」もやはり重要になってきます。プログラマーの採用選考では、ほとんどの会社で、図形や表を使った「適正検査」が行われます。適正があまりに乏しい人の場合、この適性検査の段階で落とされることも。逆に適正が高いと判断された場合は、プログラミング経験などが全くなくとも、歓迎されることもあります。

④大手IT企業の場合、未経験は厳しい

NTTデータや日本IBMなど、誰もが知るような大手IT企業の場合、要求スペックも高く、応募者も殺到するため、プログラマー未経験ですと採用されるのは極めて難しくなります。第2新卒など若い方であれば人柄で採用されるケースもありますが、やはり狭き門。未経験者の場合、大手は避け、あえてランクを落とした方が成功率は高まるでしょう。

プログラマーの平均年収は400万円~500万円!

プログラマーの平均年収

プログラマーの平均年収

さて、転職する上で気がかりな年収や収入面。ここではプログラマーの収入事情について解説していきます。

プログラマーの平均年収は概ね「450~500万円」が目安です。システムエンジニアと比べると若干年収は低めです。一方、WEBデザイナーやWEBクリエイターなどITクリエイター系職種から比べるとやや高め。

なお企業規模にも影響し、大手IT企業や大手SI会社のプログラマーであれば、年収700万円、800万円と高額になることも。

システムエンジニアの仕事まで兼ねると年収アップ

プログラマーは、仕事を通じてサーバーやネットワークといったITシステム全体の理解も深まっていきます。ゆくゆくはプログラム面だけでなく、プログラムを載せるシステム全体の設計や運用に携わりシステムエンジニアのような仕事をするケースも。

言ってみれば「システムエンジニア兼プログラマー」のような立場になれることがあります。こうなるとシステムもわかるプログラムもわかる人材として重宝され、収入アップも期待できます。

プログラマーは「残業代」が絶大

プログラマーは、良くも悪くも残業の多い職種です。ホワイトな企業であっても、納期間近や障害発生時は、終電帰りや徹夜、休日出勤もありえます。つまり多額の「残業代」や「休日出勤手当」が発生します。多忙なプロジェクトに参加すると残業代だけで10万円20万円を越え、月収額が倍増することも。

プログラマーは残業代の上乗せ分が大きいため、年収は一概には表せません。

フリーランスで1000万円プレイヤーになることも

プログラマーは将来的に独立し「フリーランス」として働くことも可能。プログラマーは腕が問われる職種でもあるため、上手くすれば会社員プログラマーの比にならない額を稼ぐことも可能です。いわゆる“天才プログラマー”と呼ばれるクラスになれば、年収1000万円はおろか2000万円オーバーまでもっていけることもあるようです。

フリーランスに発注する企業も益々増えてきているため、フリーで活躍する環境も十分に用意されている職種です。

プログラマーへの転職した場合のメリット・デメリット

プログラマーの仕事をすると様々なメリットを受けられます。ただし同時にデメリットも発生しますので両面を考えておく必要があります。

プログラマーのメリット
手に職のスキルが身に付く プログラマーはIT業界における“職人”のような職種。日々そのスキルは熟成され、“手に職”となる力を身に付けることができる。
高みを目指せる プログラマーは経験+センスを備えると、時に凡人では真似できないような天才的なコードを造り上げることがある。そういったクラスに入り込めれば海外IT系からの引き抜きもあり、エリートキャリアを描けることも。IT業界の中でも、特に伸びしろが未知数な職種。
服装、髪型、出社時間が自由 プログラマーは、対顧客ではなく社内で仕事をする機会が多いため、服装・髪型をあまり厳しく制限しない会社が多い。また出社時間・退社時間も、納期を守れば厳しく制限しない会社が多い。
没頭して作業できる プログラマーはチームプレイも求められるが、大半は一人で黙々とプログラミングや設計書作成を行う。没頭して作業するのが好きな人には好環境。
プログラマーのデメリット
適正も問われる プログラミングは、その人本来の適正で向き/不向きが出やすい。適正が乏しくともプログラマーとして働くことはできるが、適正が高い人に比べると同じ仕事でも苦労が増えやすい。
常に学んでいく意欲が必要 IT技術やプログラミング技術は日々進化してくため、常に最新の技術を学び、アップデートしていく姿勢が必要になる。
残業が多い IT業界は残業が多い業界だが、その中でもプログラマーは特に残業多めの職種。納期前や障害発生時などは、連日終電帰りや徹夜となることもあるので、体力勝負な一面もある。
目や腰に負担がかかる プログラマーは、同じ姿勢で一日中パソコンのモニターを見続けるため、視力が落ちたり、腰を痛めることがある。また運動不足にも陥りやすい。

プログラマーは、向き不向きも出やすい職種ため、人によっては天国にも地獄にもなり得ます。このためメリット・デメリットの両面をよく理解した上で転職を考えることをおすすめします。

プログラマーになるために必要なスキルや資格は?

前提として、プログラマーになるために法的に必要となる資格やスキルはありません。全くスキルや資格が無くともプログラマーになること自体はできます。

ただし次のようなスキルや資格は、あるに越した事はありません。

 

【プログラマーになるためにあった方がよいスキル】

  • 物事の筋道を考えていく力
  • 論理的思考力
  • 数字の強さ(“数学”ではなく、数字に抵抗がない、計算が速いなど)
  • 基礎的な英語の読解力(プログラミングソフトや技術本などは、英語表記が多いため)
  • プログラミング言語の理解や使用経験
  • 組織内でのコミュニケーション力やチームマネジメント力
  • 一つのことを根気よく続ける力

など

 

プログラマーの場合、スキルというよりかは、論理的思考力や数字の強さなど“考え方”の部分が重要視されやすいです。またプログラマーはチームで協力しながら仕事を進める必要もありますので、コミュニケーション力やチームマネジメント力も活かせます。

プログラミング経験はあるに越したことはありませんが、必ずしも必須というわけではありません。

【プログラマーになるためにあった方がよい資格】

  • ITパスポート試験
  • 基本情報技術者試験
  • (各種プログラミング言語関連)
  • C言語プログラミング能力認定試験
  • Java SE 8 認定資格
  • Ruby技術者認定試験
  • PHP技術者認定試験

「ITパスポート試験」とその上位の「基本情報技術者試験」は、IT技術者向けの国家資格でありIT技術やプログラミングについての基礎を学べます。特に基本情報技術者試験は他業界の人が持っていると「おお」と驚かれることもあります。

未経験からIT業界へ転職する場合は、意欲の表れとして評価されるでしょう。さらにプログラミング言語系の資格をどれか一つでも所持していると、なお評価は高まるかと。

プログラマーになりたい方向け、登録しておきたい転職サイト

最後に、これからプログラマーを目指す方におすすめの転職サイトを3つほど紹介します。

①リクナビNEXT

転職のそばに【リクナビNEXT】-希望の求人情報がみつかる転職サイト-
https://next.rikunabi.com/

『リクナビNEXT』はご存知大手総合転職サイト。リクナビNEXTは大手IT企業や老舗IT企業の求人が多めですので、知名度や歴史のあるIT系企業でプログラマーを目指したい方にはおすすめです。ただし大手系は応募者も多く激戦となることもあるため、未経験の場合はあまりに有名企業は避けた方がよいかもしれません。

②Green(グリーン)

IT/Web業界の求人・採用情報に強い転職サイトGreen(グリーン)
https://www.green-japan.com/

『Green(グリーン)』は、IT/WEB系に強い転職サイト。利用者・掲載数ともに急上昇しており最近人気のIT転職サイトの一つ。

Green(グリーン)は大手企業の求人もありますが、それよりかはベンチャー系の掘り出し物求人が豊富なのが魅力。ベンチャー系のIT会社やスタートアップ系のIT会社など、まだ若くこれからの会社でプログラマーを目指したい方には、うってつけの転職サイトです。

③マイナビエージェント

転職エージェントのマイナビエージェント|人材紹介・転職サイト
https://mynavi-agent.jp/

『マイナビエージェント』は、「転職エージェント」タイプ。転職の専門家であるエージェントが、あなたに合ったタイプの求人を探してくれますし、面接のサポートもしてくれるため、自力で転職を進めていくよりも成功率が高まる事があります。大手マイナビ系ですので、紹介案件も転職実績も高め。また転職エージェントだからといって別途費用が掛かるわけでもありません。無料です。

ただし転職エージェントと対面で転職の相談をしたり、メールのやりとりなども発生するため、面倒な部分もあり。人によっては使い勝手が悪いことも。

転職サイトは基本的に無料で利用料は掛かりません。多くの転職サイトに登録すれば、その分観覧できる求人も増え選択肢も広がりますので、積極的に使用していきたいところです。

プログラマーへの転職まとめ

以上、プログラマーに未経験で転職したい方へ向けた情報を書かせて頂きました。

昨今は増え続けるIT需要に対してプログラマーの数が不足しています。情勢的には未経験であっても採用されやすい追い風が吹いていますので、「プログラマーに転職したい!」と意欲のある方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

〇参考URL
http://careergarden.jp/programmer/work/

https://mynavi-agent.jp/it/jobindex/05.html

https://kitsune-programming.com/programmer-shortage

https://www.sejuku.net/blog/6717

-IT業界へ転職

Copyright© 【転職found】高収入・好条件・自分にピッタリの仕事の見つけ方 , 2019 All Rights Reserved.