基本情報

転職の流れ(スケジュール)と転職活動を始めるタイミング!必要な期間について

更新日:

転職活動を何度もしたことがある方であっても、前職、もしくは現職の状況に応じて転職活動のやり方は異なりますし、初めて転職活動をする方なんて余計にやり方はわかりません。

そこで、ここでは転職活動のやり方などの基礎をご紹介したいと思います。

転職活動の期間ってどれくらい必要なの?

転職をすると漠然と決めることは簡単ですが、それを具体的にいつ頃から始めればいいのかをここでは見ていきましょう。

転職活動はどれぐらいの期間が必要なの?

結論から言えば転職活動の期間は人によりけりです。たった1日で終わる方もいれば、1年以上かかる方だっています。ですが、ここでは目安としてどれくらいの期間が必要かをお教えしましょう。

例えば、1〜3ヶ月の間に5、6社に応募した場合、早ければ転職活動を始めて2,3週間で転職先が決定という方もいます。

逆に、仕事をしながら転職活動をしているという場合、そうしょっちゅう面接のために仕事を抜けることもできませんから、月に1度程度の応募であれば、数ヶ月かかる方もいるでしょう。

正直、ケースバイケースであり、どれだけあなたがその応募先が求めている存在に近いかどうかやタイミングによって異なります。

ただ、既に前職をやめて無職の方で、集中して転職活動を行えば、早ければ数週間、1,2ヶ月以内には転職先が見つかっている方が多いです。

平均すると、3~6か月程度で転職先が決まっている方が多い傾向にあります。

いつから転職活動は始めたらいいの?

では、いつから転職活動をすればよいのかというと、これは大きく分けて2つあります。

1つは、現職に就きながら、もう1つは前職を退職してからするというものです。

退職後転職活動を始めた際には、面接なども自由に行けるというメリットがありますが、金銭面や転職活動が長びくことへの焦りから十分に転職先を吟味せにく決めてしまい、転職後に後悔する方も少なくありません。

さらに、面接で空白期間について尋ねられることも多く、働く意欲が低いとか企業から問題視されている人物と考えられてしまうこともあります。

逆に、現職をもちながら転職活動をする際は、面接に行く時間が取れないなどの問題が出てきます。ですから、どちらのタイプのメリットデメリットも抑えて慎重に決めましょう。

転職活動の流れをおさえよう!

実際に転職活動を始めるとなったらどのように進めていけばよいのか、ここでは順を追って見ていきましょう。

転職活動の流れ①転職活動の準備を始めよう!

転職活動の準備とはどういったものかというと、未経験の職種に転職したい場合、もしくは異業種への転職を考えているならいきなり求人情報を探すのではなく、その職種などの情報収集や転職目的をはっきりさせることが大切です。

せっかく転職できたとしても、その職種に未来がなければ職を失ってしまうこともありますから、そういったことも調べてください。

転職活動の流れ②応募書類を作ろう!

セットとなる履歴書と職務経歴書の作成を行いますが、これがとても大切なことは就職時に経験されているのでご存知ですよね。
特に、職務経歴書は書き方によっては採用の有無に影響を与えるものですから、ネットなどでどんな書き方がよいのかをチェックすると同時に、周りで面接官などがいれば、自分で書いたものをチェックしてもらうのもよいでしょう。
そして、履歴書は、これもご存知かと思いますが、あまりにも余白があってはアピールすることがないのかと思われてしまいますので、余白はなしにぎっしりとあなたを雇うメリットなどを買い込んでくださいね。

転職活動の流れ③求人情報を見て応募する

求人情報は様々な媒体から得ることができます。
今は断然転職サイトを利用して求人情報をチェックされる方が多いでしょう。
ですが、現職(前職)の関係者から何か良い情報があれば、それに応募してみるとか、転職求人情報誌というのもありますから、そういったものを見て企業に応募します。

転職活動の流れ④面接の準備と面接本番へ

基本的に転職活動の場合、就活時と違い、ペーパーテストを行う企業はあまりありません。
ですので、いきなり面接となりますが、大手になればなるほど、この面接回数が増えるので、面接対策を行っておきましょう。
身だしなみや立ち振る舞いは当然のこと、自分の良さをしっかりアピールできるようにしてください。
絶対に聞かれる質問、志望動機や退職理由などはあらかじめどうこたえるかを考えておきましょう。

転職活動の流れ⑤採用決定!退職手続きに入ろう!

はれて希望の企業から採用通知が届けば転職活動は終了、転職先が決定となります。ただし、ここでもチェックしていただきたいことがあり、入社を承諾する前にその企業の条件や勤務形態など、気になる部分はしっかりと確認することを忘れないでください。

入ってから何か問題があったとなってもそれは遅いですし、そんなにすぐに辞めたら次に仕事を見つけたくても転職活動に悪い影響が出ます。

そして、もう1つ忘れてはいけないことが、現職在籍中に転職した場合には現職の退職に入らなければいけませんよね。

上司に退職する旨を報告し、あなたの担当の仕事をしっかりと引継ぎします。

これは会社側から言われるかと思いますが、健康保険証や名刺、それにビルであれば入館証などを所持していますよね。そういったものを返却したり、会社が預かっている年金手帳を受け取るなど、事務手続きをしっかりと行ってください。

ちなみに、退職の報告ですが、これは最低でも1ヶ月、できれば2ヶ月くらい前には報告するべきですが、在籍中の転職はこのタイミングがなかなかつかめません。ですが、とにかく残される人に迷惑をかけないよう、できるだけ早く報告することと、転職先にも仕事をスタート日に余裕が欲しい旨も伝え、承諾してもらっていることがあらかじめ必要となります。

転職活動をする前には必ず「準備」を!

いつから転職活動を始めればよいのか、退職後か在籍中か、どちらにもメリットデメリットがあります。

それを踏まえた上で、あなたに合った時期を選び、上記の流れを参考にして転職活動を始めれば、スムーズな転職活動ができるので、ぜひ覚えておいてくださいね。

-基本情報

Copyright© 【転職found】高収入・好条件・自分にピッタリの仕事の見つけ方 , 2019 All Rights Reserved.