IT業界へ転職

WEBデザイナーへは未経験でも転職できる?年収は?メリット・デメリットについて

投稿日:

WEBサイトのビジュアルを造り上げる「WEBデザイナー」。華やかなイメージもある職種のため、憧れている方も多いのではないかと。さてこのWEBデザイナーはIT業界未経験でも転職できるのか。年収・メリットデメリット・必要なスキル等も交えながら解説していきます。

WEBデザイナーってどんな仕事?

「WEBデザイナー」は、WEBサイトの見た目、外観、ビジュアル面のデザインする仕事です。主に次のような仕事を行います。

WEBデザイナーの主な仕事内容

  • WEBサイトに使われるイラストやロゴのデザインや加工
  • WEBサイトのレイアウトやカラーを設定
  • アイコン、ボタン、見出し等各パーツのデザインや調整
  • WEBサイト内の便利機能の設計や実装
  • それらを行うための打ち合せ、設計、実装作業など

など

イメージとしてはWEBサイトの“ガワ”を造るお仕事です。WEBデザイナー次第で、WEBサイトの見た目や雰囲気が大きく変わりますので、IT業界の中ではデザインセンスが問われる仕事でもあります。

また、HTML・CSS・JavaScriptといったWEB系のプログラム言語も使いますので、技術者的な側面もあります。デザイナーと技術者のちょうど中間の職種と考えておくと分かりやすいでしょう。

WEBデザイナーは未経験でも転職可能なの?

さて、IT業界やWEBデザイナー職をこれまで全く経験していない方でも、WEBデザイナーに転職できるのか。

結論から言えば“可能”です。

未経験歓迎で応募しているWEBデザイナー求人もあります。中にはまったくの未経験者でも一から育てそうとする会社も多々ありますので、未経験で転職すること自体は可能です。実際に、営業職や接客業など全く違う畑の業種から転職している方もいます。

とはいえ、未経験ですと全員が全員簡単に転職できるわけではありません。以降でWEBデザイナーの転職事情について解説します。

WEBデザイナーの未経験の転職事情

①IT業界の中では未経験転職のハードルは高め

WEBデザイナーはIT業界の中でも人気が高めの職種です。またSEやプログラマーのようなエンジニア職より“枠”自体が少ないため、競合するライバルは多め。IT業界の中では狭き門となりやすい職種です。未経験でも転職は可能ですが、転職活動は長期戦になる可能性もあります。

②活かせる経験があると良い

少しでも活かせる経験があれば、実務経験は無くとも採用される可能性は高まります。

  • 趣味レベルでもIllustrator等のデザインソフトを使ったことがある
  • WEBデザイナー向けのスクールや職業訓練校で、WEBデザインについて自主的に学んでいる
  • 自主的にWEBサイトを運営しデザインをいじっている
  • 前職はインテリアコーディネーターなどのデザイン系の仕事をしていた
  • 前職はクリエイティブ系の職種でチームプレイには慣れている

など

こういった少しでも活かせる経験やスキルを持っている方であれば、全くの未経験の方よりかは採用される確率が高まります。

③若い方が採用されやすい

学校卒業間もない方、まだ20代半ばの若い方であれば、一から育てようとする傾向がありますので完全未経験でも採用されるケースは多いです。

一方で30代40代に入ってくると未経験ですとやはりハードルは高まってきます。とはいえ、人手不足の会社や給料待遇が低めの会社であれば、年齢問わず採用してくれることも。選り好みせずまずは入り込んで、経験を積んでからキャリアアップという道もあります。

④人柄がよい

WEBデザイナーはチームで働くことの多い仕事ですので「人柄がよくコミュニケーションが取りやすい」、「意欲や熱意があり職場にプラスとなってくれる」、こういったパーソナルな面が優秀な方は、未経験であっても採用に繋がるケースもあります。

WEBデザイナーの年収はどれくらい?

さて、転職する際に気になるのが年収や収入面。ここではWEBデザイナーの収入事情について解説していきます。

①WEBデザイナーの平均年収

WEBデザイナーの平均年収は、概ね「350万円前後」と言われています。デザイン系の職種の中では平均年収は若干高め。グラフィックデザイナーなどに比べると、やや平均年収が高めです。

ただしSEやプログラマーなどITエンジニア系の職種と比べると、平均年収はやや低めです。なおWEBデザイナーの場合、持ち併せているスキルによって年収に大きく差がでることがあります。

②大手企業の年収はさらに上

誰もが知るような大手IT企業のWEBデザイナー、誰もが知るような大手WEBサイトを担当するWEBデザイナーであれば、年収はさらに上がります。大手ですと平均年収500万円、600万円を越えることも。

③将来的には年収アップの可能性も

たとえばWEBデザイナーで経験を積み、将来的に「WEBディレクター」等の上位職にキャリアップすると更なる年収アップが期待できます。他にも、サーバー周りを担当する「WEBエンジニア」のスキルを身に着けたり、SEOやアクセス解析などマーケティング面を担当する「WEBマーケター」のスキルを身に着けたりすると、広範囲に活躍できるWEBデザイナーとして、更なる年収アップが期待できます。

④フリーランスは年収がピンキリ

WEBデザイナーは、将来的に「フリーランス」として独立しやすいIT職種でもあります。フリーランスの場合、同じ仕事の一件あたりの単価は正社員より高くなりやすいです。スキルや経験を積み、途切れず高単価の仕事が受注できれば、年収1000万円オーバーを狙えることも。

⑤将来性はあり

現状WEBデザイナーは、IT業界の中では平均年収がやや低めの職種です。ただし今後は需要が急増する職種とも言われており、平均年収のベースも将来的には今よりも上がっている可能性が高いです。

WEBデザイナーへの転職した場合のメリット・デメリット

WEBデザイナーの仕事をすると様々なメリットを受けられます。ただし同時にデメリットも発生しますので両面を考えておく必要があります。

【WEBデザイナーのメリット】

デザインスキルが養える WEBデザイナーは日々デザインについて考える事となりますので、デザインスキルが養えます。将来的に他のデザイン職に進む場合も、そのスキルは活かせます。
IT技術面のスキルも養える WEBデザイナーは、仕事を通じてサーバーやインターネットの知識も身に付いていきます。JavaScriptなどプログラム言語のスキルも養えることも。
将来的なキャリアの選択肢が多い WEBデザイナーはデザイン&技術的なスキル両方を養える仕事のため、SEやプログラマーのような技術者より、将来のキャリアの選択肢が豊富です。
女性でも働きやすい WEBデザイナーはIT業界の中でもとくに女性比率の高い職種です。女性ならではのデザインセンスも活かせるため、女性でも働きやすいメリットが。
将来、在宅ワークしやすい WEBデザイナーはIT業界の中でも特に在宅・リモートワークがし易い職種です。将来的にフリーランスとなり、場所を選ばず働くことも視野に入れられます。

【WEBデザイナーのデメリット】

平均年収が低め WEBデザイナーはIT業界の仕事としては平均年収がやや低めです。特に駆け出しのデザイナーには、かなりに低く設定している会社もありますので注意。
センスが問われる WEBデザイナーはIT業界の中でもとくにセンスに重きが置かれる仕事です。持前のデザインセンスもキャリアに影響する事があります。
ダメだしを受けやすい デザインの良し悪しには明確な基準がないため、時にクライアントから無理な変更やダメ出しを受けることがあります。こだわりやプライドが高いかたは、精神的に追い込まれてしまうことも。
納期前は忙しい 複数のWEBサイトを手掛けている会社ですと、WEBデザイナーは納期間近が忙しくなり、長時間労働が発生することもあります。
常に学んでいく必要がある WEBサイトのデザインや技術は目覚ましいスピードで進化していきますし、トレンドも変わります。常にアンテナを張り、デザイン面、技術面、両方を学び伸ばしていく必要があります。

WEBデザイナーはデザイン&技術両方を求められますので、それ特有のメリット・デメリットがあります。向き不向きも出やすい職業ですので、両面をよく理解した上で転職を考えることをおすすめします。

WEBデザイナーになるために必要なスキルや資格は?

前提として、WEBデザイナーになるために“必須”なスキルや資格はありません。全くスキルや資格が無くともWEBデザイナーになること自体はできます。

ただし次のようなスキルや資格は、あるに越した事はありません。

【WEBデザイナーになるためにあった方がよいスキル】

  • デザインセンス
  • プログラミングセンス
  • Illustrator等のデザインソフトの使用スキル
  • HTML・CSS・JavaScriptなどのWEB系プログラミング言語の使用スキル
  • WEBサイト・ECサイト・ブログ等の構築スキルや運営経験
  • チームやプロジェクトでの仕事経験、コミュニケーションスキル
  • デザイン面だけでなく、数値的論理的に考えられる力

など、

特にIllustratorやHTML、CSS関連は多少でも理解しておくと、ライバルに差を付けられます。趣味レベルでも、Illustratorをいじってイラストを描いてみたり、WEBサイトを造りHTML、CSSをいじってみたりすると、WEBデザイナーという仕事に対する理解も深まるハズです。

【WEBデザイナーになるためにあった方がよい資格】

  • ウェブデザイン技能検定
  • Webクリエイター能力認定試験
  • HTML5プロフェッショナル認定資格
  • 色彩検定
  • カラーコーディネーター試験
  • ITパスポート試験

など

「ウェブデザイン技能検定」は、WEBデザイナー関連で唯一の国家資格ですので、所持していると転職で武器になることもあります。またIT系の資格だけでなく、「色彩検定」や「カラーコーディネーター試験」といったデザイン系の資格も転職に活きることも。

いずれの資格も必ずしも必要なものではありませんが、資格の勉強を通じてスキルアップにも繋がりますのであるに越した事はないでしょう。

WEBデザイナーになりたい方向け、登録しておきたい転職サイト

最後に、これからWEBデザイナーを目指す方におすすめの転職サイトを3つほど紹介します。

①リクナビNEXT

転職のそばに【リクナビNEXT】-希望の求人情報がみつかる転職サイト-
https://next.rikunabi.com/

『リクナビNEXT』は国内最大手の総合転職サイトです。総合転職サイトですがWEBデザイナー系の求人も多く掲載されています。

リクナビNEXTのメリットはライバルに未経験者が多い事。クリエイター系専門の転職サイトですとベテランWEBデザイナーも多数応募してくるので激戦になります。一方でリクナビNEXTは総合転職サイトですので、あなたと同じように「未経験だけどWEBデザイナーになろうかな?」といった利用者も多く、同じようレベルのライバルと争える機会に恵まれています。

②Green(グリーン)

IT/Web業界の求人・採用情報に強い転職サイトGreen(グリーン)
https://www.green-japan.com/

『Green(グリーン)』は、IT/WEB系に強い転職サイト。利用者・掲載数ともに急上昇しており最近人気のIT転職サイトの一つ。

Green(グリーン)は、リクナビNEXTの大手総合転職サイトでは掲載されないような小規模のIT会社やベンチャー系IT企業の求人が多数あり、中には掘り出しもののコアな求人も。IT/WEB系に転職するなら誰もが一度は登録するような人気の転職サイトのため、こちらも利用しておくことに越した事はないかと。

③マイナビクリエイター

マイナビクリエイター | Web・ゲーム・IT業界専門の転職エージェント
https://mynavi-creator.jp/

『マイナビクリエイター』は、マイナビが運営するクリエイター向けの転職サイトです。

IT/WEB系にも強く、WEBデザイナーの求人も多数用意されています。

ただしこちらはやや経験者向けです。全くの未経験者の場合は使い勝手が悪い場合も。一方で「実務未経験だけどアピールできる作品やポートフォリオがある!」、「未経験だけど少しハードルの高めの求人に挑戦したい!」といった方にはおすすめです。大手ですのでサポート体制もバッチリ。

転職サイトは基本的に無料で利用料は掛かりません。多くの転職サイトに登録すれば、その分観覧できる求人も増え選択肢も広がりますので、積極的に使用していきたいところです。

まとめ

以上、WEBデザイナーに未経験で挑戦したい方へ向けた情報を書かせて頂きました。

IT/WEB業界は今後も成長が期待されており、WEBデザイナーの需要も今後ますます増えると言われています。将来的にも期待できる職業ですので、意欲のある方はぜひチャレンジしてみてはいかがでしょう。未経験の方でもそのチャンスは用意されています。

〇参考URL

https://www.be-webdesigner.com/knowledge/works.htm

https://www.internetacademy.jp/it/design/web-design/web-designer-futurity-and-job-trends.html

https://www.internetacademy.jp/it/design/web-design.html

https://www.gowebwork.net/info/merit/

https://www.internetacademy.jp/it/design/web-design/qualifications-and-degree-difficulty-of-web-design.html

https://handywebdesign.net/2017/11/creative-job-site-list/

 

 

-IT業界へ転職

Copyright© 【転職found】高収入・好条件・自分にピッタリの仕事の見つけ方 , 2019 All Rights Reserved.